マンションを貸すときには管理体制を整えよう

マンション貸すのは管理が非常に面倒

マンション貸すのは管理が非常に面倒 | マンションを貸すことにしてよかった | 借人とのトラブル回避する手段 | 初心者陥るマンションを貸す失敗

マンションは、ただ貸すだけでは全く意味がありません。
そこから利益が生じないと、運用していくことが出来なくなってしまいます。
そもそもマンション管理を行うときには、自分で管理を行っていくのかそれとも業者に依頼をして管理を統括してもらうかでわけて考えなくてはいけません。
この点、自分で管理を進めていくと非常に面倒になってしまうので、業者に依頼をして管理を行ってもらうことがとても大切になります。
私も、自分で管理をしようと考えたことは一度もありません。
一般的に、マンションを貸す時に考えなくてはならないのは、入居者や建築物そのものの管理をどのように扱っていくのかということを考えなくてもならないことです。

分譲マンション。
実際に自分の家として所有したとしても。
資産所有リスクが付加する。
自分で住むのを諦めて、他人に貸すとした場合。
毎年固定資産税と修繕費が掛かる。
広大なホール玄関内のエアコンが故障した場合。
修繕費で賄う事が難しく、涙モノとなる。
一生モノに該当しない。
pic.twitter.com/bVvfcNZ0RT

— アランフォーダム (@alanfordham) 2019年1月30日
元々、収益物件の管理というのは所有者が行わなくてはならないものであるため、その所有物件に関して何らかの不備が生じた時には、賃借人に対して所有者が責任を負わなくてはいけません。
しかし、こういった責任問題に関してはトラブルが発生しやすいという側面も存在します。
例えば、貸した部屋に何らかの瑕疵が存在していた場合には、そういった部分に対して報酬をしなくてはいけません。
当然ですが、部屋を借りている人がこの保証に関して自分でお金を支払う必要性はありませんので、所有者に対して補償するように請求することができます。