マンションを貸すときには管理体制を整えよう

初心者陥るマンションを貸す失敗

ただ一つだけこういった業者に任せるときに注意をしておかなくてはならない点が存在します。
それは業者と契約したとしても、利益を確保できるかどうかという点です。
業者に依頼をするということは一定の費用をずっと支出し続けるということを意味します。
収益物件に関しては、賃借人から受け取る賃料が収益の大部分を担うことになりますので、賃料が少なくとまともに経営ができなくなります。
実際に、私も賃料を小さくしすぎて大失敗をしたことがあります。
賃料と業者に対する依頼料金や契約料金を考慮して、本当に利益が存在するかということをしっかりとシミュレーションしておく必要があるわけです。

仮に、安い賃料に設定しすぎてしまうと契約料金の方が高くなってしまって継続的にマンション管理を運用していくことが出来なくなってしまいます。
これは、私のように初心者から始める人はよく陥る失敗です。
部屋を貸す時には、必ずそうならないようにするための準備をしておきましょう。

マンション貸すのは管理が非常に面倒 | マンションを貸すことにしてよかった | 借人とのトラブル回避する手段 | 初心者陥るマンションを貸す失敗

マンション 貸す / 賃貸仲介ネットワーク